• ホーム
  • 更年期障害薬の様々な副作用

更年期障害薬の様々な副作用

2019年10月20日

女性は45歳から55歳の間に更年期症状のため、体調を崩される方が大変に多いです。
症状は頭痛、寝汗、手足の渋れ、涼しい状態での大量の発汗、頭がボーっとする倦怠感、何もやる気が起きない、布団から起きられまい、イライラする、うつ傾向が出るなどです。
ほかにも様々な症状が起きます。
これは年齢とともに、卵巣の機能が落ちてきて、卵巣ホルモンであるエストロゲンが減少してしまい、エストロゲンによって調整されてきた体内の機能が、落ちて来ててしまうために起こります。
体質などに大きく余裕されるため、殆ど何の症状もなく更年期の出易い時期を乗り越えてしまう人もいます。

逆に、まったくベッドから起き上がることも出来ないような辛い症状に悩まされる人もいます。
大豆は女性ホルモンに似ているので、豆腐や豆乳を摂取することで更年期を乗り越えやすくする方法もありますが、女性の2人に1人は大豆から有効成分を作ることが出来ない女性がいます。
そう言う女性は、エクオールを配合したサプリも有効です。

更年期の症状が出た場合、更年期障害治療薬を処方して貰います。
婦人科などで処方される薬品としては当帰芍薬散などの漢方薬が多いです。
利尿効果などが大きな効能です。
また、エストラーナテープ0.72mg が更年期障害治療薬として使われます。
体内で作られる量が減ってしまったエストロゲンを、対外から補充しようと言う方法です。

2日に1枚を、お腹か背中み貼り付けて使用するのが、エストラーナテープ0.72mg。
このテープを張ることで、減少してしまったエストロゲンは補充され、劇的に元の状態に戻ることが多いです。
しかし、このエストラーナテープ0.72mgも長期に使用すると、副作用が出ます。
乳房の張りや乳がん、子宮筋腫のある日女性は大きくなってしまうなどと言うことが有ります、いずれにしても、更年期障害治療薬を使用する場合は意思の指導を仰いで下さい。